頭皮ケア速報!痒いのは嫌だ!

頭皮の痒みに注目しています!

髪型変えるのもいいですよ

頭皮の問題の多くは、かゆみやフケによるものです。

 

ほとんどの人が、多少のかゆみ程度では我慢してしまいます。

 

頭皮のかゆみを感じても少し時間が経てばおさまるという場合もありますから、そうするとすっかり忘れてしまうんですね。

 

しかしこの場合も全く原因がない訳ではないのですよ。ですから放っておくと炎症を引き起こしたり、フケも酷くなってやがて抜け毛や薄毛を引き起こす状態にもなりかねないのです。

 

 

頭皮のかゆみの原因は色々考えられますが、多少のかゆみの場合は夏の暑さによる頭皮の蒸れや汗によるものだと思います。対策としては蒸れない環境にしてあげる事です。

 

 

通気性の良い様に女性ならばショートカット、男性ならば短髪の髪形にしても良いですし、こまめにシャンプーをして頭皮を清潔にしてあげて下さい。

 

 

慢性的なかゆみやフケが伴う場合は、頭皮への誤った手入れが原因かもしれません。先程説明した様に頭皮の蒸れ対策にこまめなシャンプーは良いのですが、例えば爪を立ててシャンプーをしたりすすぎが少なかったり、トリートメントを流さなかったりすると、頭皮が炎症を起こしたりフケがひどくなったりするのです。

 

 

こうなると改善するまでに時間がかかってしまいますので、頭皮に異変を感じたらまず皮膚科へ相談してみて下さい。

 

 

塗り薬や飲み薬でまず改善させて、それからシャンプーを肌に優しい種類に替えたりと頭皮のスキンケアを見直してみましょう。

 

 

シャンプーで頭皮ケア?

最近になって、今使っているシャンプーやリンスが肌に合っていない事が分かりました。

 

今まで使っていたシャンプーはドラッグストアで売っているものです。

 

シャンプー・リンスを合わせて1,000円位のごく普通の物。安いしパッケージデザインが可愛いのがお気に入りで、詰め替え用を買ってせっせと詰め替えて使っていました。

 

そういえば頭皮がかゆいなぁとは思っていたのですが、最近暑いから汗のせいかな?と心配になってシャンプーの量を増やしたり強めにシャンプーしたりして工夫していました。

 

 

しかし頭皮の問題は一向に改善せず、今度はフケまで出始めたのです。今までフケなんて出たことないのに!ショックでネットで調べてみると、どうやらシャンプーが頭皮に合っていないかも?と、今使っているシャンプーやリンスに疑問が浮かび上がりました。

 

 

更に良く調べると、一般的なシャンプーやリンスに含まれている成分が合成洗剤や界面活性剤との事、肌が弱い人はこの成分に反応して頭皮にかぶれや湿疹の症状が出る様です。

 

 

 

症状が悪化すると酷いかゆみ・フケへと繋がるのだそうですが、私の症状がそうかも?今抱えている頭皮の問題に症状が似ています。

 

 

そこでまず、肌に優しい洗浄成分が配合されているシャンプーを選ぶ事にしました。

 

 

私がチョイスしたのは植物由来のアミノ酸系洗浄成分が使われているシャンプーです。アミノ酸系洗浄成分は洗いあがりがスッキリしている割に肌にやさしいのが特徴的なので、今の私の頭皮には合っているかもしれません。

 

 

ちょっと残念なのはパッケージが可愛くないのと詰め替えがない事、お値段もドラッグストアに比べると高級です。でも、これで今の症状が緩和されるのを期待します。

 

 

かゆいならシャンプー変えたらどうでしょう?

頭皮のかゆみやふけに悩んでいる人は多いかと思いますが、もしかしたらあなたが使っているシャンプーやリンスが頭皮にあっていないからかもしれませんよ。
今お使いのシャンプー・リンスの成分を良くチェックしてみて下さい、界面活性剤やシリコン成分が入っている場合が多いかと思います。これらが入っているシャンプー・リンスを「石油系シャンプー」と言います。ドラッグストア等で売られていて価格が安いのが魅力的ですが、これに含まれている界面活性剤は洗浄力が強力な分、必要な皮脂や水分まで洗い流してしまいがちです。そうすると頭皮はもっと潤いを出さなければいけないと判断し、過剰な皮脂を分泌します。その結果、頭皮がいつもべたついていたりかゆかったりするのです。もう1つの成分がシリコンですが、シリコンは髪の指通りを良くする効果があります。しかしシリコンが髪をコーティングする為に指通りが良くなるだけの話で、実際にシリ
コンには保湿・補修成分はないのです。シリコンは毛穴を詰まらせる原因があると言われており、このせいでフケ症になる場合もあります。
少数派ながら「石鹸系シャンプー」をこよなく愛用している人もいます。少数派の理由としては、頭皮に優しいのですが髪がごわごわになったり、洗浄力が弱いせいで洗いあがりがイマイチさっぱりしません。
そして今人気なのが「アミノ酸系ノンシリコンシャンプー」です。頭皮に優しい成分が配合されていて洗いあがりもスッキリ、髪のごわつきも軽減されています。石油系や石鹸系シャンプーと比べると多少お値段は張りますが、慢性的な頭皮の問題で皮膚科通いをするよりは割安ではないでしょうか?一度試してみて下さいね。

 

保健所で検査しました

性病の検査は病院でというイメージが強いかもしれませんが、保健所でも性病検査が可能です。

 

全国に保健所がありますから、そこまで距離が遠い訳でもないでしょう。

 

しかも基本的に検査料が無料なので、病院よりかなり経済的なのは確かです。

 

名前を告げずに匿名で検査する事も出来ますので、病院より保健所の方がメリットが多いかもしれません。だったら心配な人は皆保健所に行けば良いのに・・。私も最初はそう思いました。

 

 

しかし保健所で受けられる性病検査はHIV検査が中心で、全ての性病検査が受けられる訳ではありません。

 

保健所によりますが、HIVの他にクラミジア・梅毒・淋病などのメジャーな性病の検査のみに限られます。もしこれらの検査結果が陰性だったとしても、B型肝炎やC型肝炎、カンジダ、トリコモナスなどの感染は発見できないのが難点です。

 

 

更にクラミジアの場合も性器に感染する場合のみで、喉に感染するクラミジアは検査する事が出来ません。最近ではオーラルセックスがメジャー化している為に、喉に性病が感染する傾向が目立ちます。

 

 

クラミジアも喉に感染するケースが増えているものの、保健所ではそこまで検査が行き届かないのが現状なのです。

 

 

更に保健所のデメリットとして、いつでも検査が受けられる訳ではありません。保健所によって検査を実施している曜日や時間帯が違い、1日に検査を受けられる人数にも限りがあります。

 

 

保健所での検査を希望する場合は、まず住まいの地域の保健所を調べて事前に細かく確認しておく事が大切です。先程保健所での検査は匿名で行う事が可能と記載しましたが、確かに自分の名前を告げずに検査を受ける事が可能ではあります。

 

 

しかし検査の際や結果を聞く際は、保健所の人と顔を合わせます。ですから少なくとも保健所の人には顔が分かってしまいます。守秘義務がありますから、もし保健所の人に顔がバレたとしても口外される事はないでしょう。

 

 

 

でも何となく嫌な気持ちになりますよね。少なくとも私は嫌な気持ちになります。陽性だった場合結局この後病院へ行って治療する訳ですから、またそこで顔が知られる事になりますし。病院で検査してそのまま治療という流れをとるか、保健所で無料検査してその後病院へ行くか。あくまで陽性の場合ですが、迷うところです。